1. ホーム
  2.  > 将棋雑貨
  3.  > 学べる将棋のことばッジ(全42種)
  1. ホーム  >  将棋教室・道場向け
  2.  > 学べる将棋のことばッジ(全42種)

学べる将棋のことばッジ(全42種)

「穴熊の姿焼き」や「銀冠の小部屋」など、将棋にはおもしろい言葉がたくさんあります。

そこで神戸の将棋屋さんいつつでは、そんなおもしろい言葉たちを可愛いイラストの缶バッジにしました。

「缶バッジをいっぱい集めることで、子どもたちにたくさん将棋の言葉を覚えてもらい、ついでに将棋も強くなってもらえるといいなぁ」そんな思いを込めて、全27種の「学べる将棋のことばッジ」を作りました( ´∀`)

トートバックや帽子などにお気に入りのことバッジをいっぱいつけるととても可愛いですよ( ^∀^)


ことばッジの種類と将棋のことばの意味



1:壁駒


自分の駒が邪魔をして、その場所がふさがっている状況を、「壁」と表現することがあります。「壁駒」とは居ないほうがよい駒です。銀が壁駒になることも多く、その場合は「壁銀」といいます。

2:浮き飛車


自分の飛車を中段に構えている状態を浮き飛車と言います。居飛車の相掛かりでよく現れます。何だかふわふわしていて居心地が良さそうですね。

3: あひる囲い


玉・金・銀の配置があひるのような姿に似ていることから、このような名前が付きました。簡単に作れる形なので、早い戦いに向いています。

4:入玉


自分の玉が相手の陣地に侵入することを入玉と言います。相手の陣地に入るのは危険なようでも、意外な穴場で、入玉が実現するとなかなか捕まらないことも多いです。

5:底歩


自陣の下段に歩を打つことを、底歩と言います。受けるときに効果のある手筋です。文字通り、底にあるから底歩です。金の下に打つことも多く「金底の歩岩より堅し」という格言もあります。

6:助からないと思っても助かっている


受けの達人と謳われた大山康晴十五世名人の名言です。崖っぷちに佇む王様ですが、後ろを振り返れば道が拓けているかもしれないですよね。最後まで諦めないで希望を持って戦いましょう。

7:袖飛車


2筋にいる飛車を、ひとマスだけ左に動かして、3筋で使う技のことを袖飛車と言います。衣服の一部が名称になっている将棋用語では珍しいですね。

8:銀冠


玉の上に「銀」が冠のように乗っている様子からこの名前がつきました。このイラストでは、「銀」が自ら冠をかぶって銀冠となっていますね。

9:遠見の角


自陣に角を打って敵陣を攻撃することを遠見の角と言います。遠くからこっそり狙うさまは、まるでスナイパーのようですね。

10:マムシのと金


マムシはとてもこわいですね。と金もマムシ同様、とても恐ろしい駒なので、このように呼ばれています。と金はなるべく作らせないように気をつけましょう。

11:ひねり飛車


右側にいた飛車を、左辺にひねるようにして動かす戦法のことです。機動力に優れており、速攻を仕掛けることができる攻撃的な戦法です。

12:ちょんまげ美濃


普通の美濃囲いから、玉の上にある歩が一歩上がった形をちょんまげ美濃と言います。頭の歩が突き出ているのが、ちょんまげみたいですよね。

13:いちご囲い


いちごの種は実の外側にありますよね。いちご囲いは「玉」という果実の外側に、金銀の種がついていることからその名がつきました。可愛い名前の囲いですね。

14:ダンスの歩


たくさんの歩を使い、相手の金や銀を意のままに操る技のことをダンスの歩と呼びます。みんなで踊れば楽しいね!

15:ゴキゲン中飛車


この戦法の創始者が、いつも朗らかでニコニコされている人物なので、このような明るい名前が付きました。みなさんもこの戦法を指してゴキゲンになってください。

16:かまぼこ囲い


かまぼこのように、金銀がぴっちり玉にくっついている様子から、このような名前が付きました。かまぼこ同様、歯ごたえのある堅さを誇ります。

17:地下鉄飛車


飛車を最下段で大きく転換するときにこのような呼び方をします。飛車の定位置は下から二段目ですが、それよりも低い位置で動くので「地下鉄」という名が付きました。

18:UFO銀


相掛かり(お互いが居飛車で戦う)のときに登場する戦法です。飛車先の歩を突いて交換しあった後に、先手の右側の銀が、3八〜2七〜3六に上がる感じが、左右にゆれながら上昇するUFOに似ていることからそう呼びます。

19:矢倉囲い


金銀を盛り上げて城を作る様子から、このような名前が付きました。上からの攻めに対して、無類の強さを発揮します。

20:穴熊


玉が冬眠した熊のように見えることから、このような名前が付きました。王手が掛からないので、とても頑丈な囲いです。

21:カニ囲い


玉がカニ歩きするような動きをするので、このような名前が付いたそうです。上からの攻めに強い特徴があります。横から攻撃されると意外にもろい弱点があるので、そういう場合はカニ歩きでスタコラサッサと逃げてしまいましょう。

22:舟囲い


金銀の場所が舟のような形をしていることから、こう呼ばれています。金銀の舟に乗っている玉は、何だか幸せそうですね。

23:頓死


将棋で、逃げ方や受け方を間違えて詰まされることを指します。残念!


24:指し手


かっこよく将棋を指す方法
/雄垢兄悗斑羯悗般指で駒を持ち上げる
⊃道悗任えて中指と人差し指2本に持ちかえる
指す

25:こま柄(きいろ)



26:こま柄(ぴんく)



27:こま柄(あお)



28:ちどり銀


酔っ払いの人の足元がふらふらなることを千鳥足と言いますが、酔っ払いの人の足取りと同じように、右斜め前、左斜め前・・・と左右斜め方向にふらふらと銀を前進させながら敵陣を目指すことを千鳥銀といいます。

29:高飛車


飛車を高い位置に置いて戦う指し方のことをいいます。飛車が敵陣を威嚇するその様子から、えっへんと威張る様を表す日本語としても使われています。

30:送りの手筋


相手の玉を捕まえるときに便利な手筋。相手の玉にタダで取られる位置にあえて持ち駒を送り込み、取らせることで玉とまもり駒を引き離すおとり作戦です。飛車とセットで使うことが多い。

31:持ち駒


実戦で相手の駒を取り、自分のものになった駒。持ち駒は自分たちの戦力として使ってはじめてその力を発揮するもの。溜め込みには要注意。

32:頭金


よく出てくる詰みの形の一つ。相手の玉の真上に金を置いて詰ませます。玉の頭の上に、金ならぬ金魚がいますね。

33:両取り


相手の駒を複数、同時に取ることができる状態をさします。特に、大駒を使うと両取りが成功しやすいですね。

34:飛車


言わずと知れた将棋の駒の種類の一つ。子どもたちにも大人気ですよね。読んで字のごとく飛ぶ車をイメージしてみました。

35:待ち駒


相手の王様の逃げ道を予測して、予めそこに駒を配置しておくことです。相手玉がこちらに逃げてきたらえい!と狙って行きましょう。

36:田楽刺し


香車という駒は真っ直ぐ前に動くことができます。その特徴を串に見立て、縦方向に並んだ相手の駒は田楽。田楽刺しのように、一度に複数の相手の駒を狙いましょう。美味しそうな田楽刺しが決まればほっぺもおちそうです。

37:金無双


相振り飛車戦でよく用いられる囲いの1つです。横並びの2枚の金が鉄壁のバリケードとなり、がっしりと王様を守っていることから、このかっこいい名前がつきました。

38:王手は追う手


将棋で勝つためには、王手は必要なものですが、これを頻繁に実行すると、かえって相手の王様を逃してしまいます。好きな異性に対してガンガン突っ込むと、だいたい上手くいかないのと似ている気がします。

39:腰掛け銀


将棋の戦法の1つです。先手が5六、後手が5四と、互いの真ん中の歩の上に銀を構える様子が、「よっこいしょ」と腰をかける仕草に似ていることからこのような名前がつきました。棒銀・早繰り銀と同様に実戦でよく登場します。

40:遊び駒


攻めにも守りにも役に立っていない駒をさします。盤上のニートくんです。

41:ふんどしの桂


桂馬は8種類ある駒の中でも、利きが左右両方向にあるため両取りを狙いやすい駒です。桂馬で両取りを狙ったときの駒の配置が、なんだかふんどしのような形になることから、こう呼ばれています。

42:馬の守りは金銀3枚


角が成った駒「馬」は攻めに威力を発揮しますが、守りにも活躍します。馬が玉の守りにつくとそのパワーは、なんと金銀3枚分!玉の頼もしいボティガードになりますね。

商品データ


サイズ

32mm

販売価格 324円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓
種類

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

お客様の声

Ranking

  1. No.1

    はじめての将棋手引帖3巻

    はじめての将棋手引帖3巻
    1,620円(税込)
  2. No.2

    はじめての将棋手引帖1巻

    はじめての将棋手引帖1巻
    1,620円(税込)
  3. No.3

    いつつ式将棋入門セット

    いつつ式将棋入門セット
    SOLD OUT