1. ホーム
  2.  > 将棋盤・駒
  3.  > 布製将棋盤(布盤)+駒袋【くちなし】

布製将棋盤(布盤)+駒袋【くちなし】

いつつの布製将棋盤(布盤)4つの特徴



携帯に便利な布盤があればいつでもどこでも将棋が楽しめます。
携帯に便利な布盤があればいつでもどこでも将棋が楽しめます。

1 軽量で折りたたみできる



布製将棋盤の特徴といえば、とにかく軽いことです。木などの素材でできた将棋盤をどこかへ持っていくとなると、重いはかさばるかで大変なのですが、布製将棋盤(布盤)であれば、ハンカチのように折りたたんでコンパクトサイズにすることもできるので、持ち運びの際にとても便利です。

2 嬉しい駒袋付き



いつつの布製将棋盤(布盤)には、附属品として駒袋がついています。将棋盤もさることながら、将棋の駒を持ち運ぶことも結構ハードルが高いですよね。まさか、将棋駒を鞄の中に散乱させるわけにもいかないですし、駒箱にしまうという手もありますが、駒箱も将棋盤ほどではないにしても鞄の中でかなりかさばります。

その点、専用の布製駒袋があれば、将棋駒をすっきりしまうことができ、袋口のひもをしっかりしまっておけば、駒が散乱する心配もありませんね( ・∇・)

3 可愛いデザインを楽しめる



布製将棋盤のいいところの1つとして、多様なデザインを楽しむことができるという点を挙げることができます。いつつの布製将棋盤(布盤)でも、優しさと温かみのある可愛らしいデザインを取り入れています。

4 駒を指す音が鳴らない



パチッパチッと駒を指す音は耳に心地が良く、アプリやネット将棋だけでなく、あえて将棋盤駒など将棋道具を使って将棋を指す良さの1つだと思います。しかしながら、さっき話したように、布製将棋盤(布盤)は移動の際に持って行くこと多いのですが、旅先の旅館の中などだと、この音が逆に「隣の部屋に聞こえてしまわないかなぁ」と気になったりする人もいると思います。その点布盤は駒を指す音がほとんど響かないので安心です。

いつつの布製将棋盤(布盤)に込めた思い



「子どもたちの目に将棋が楽しく映リますように。ママが子どもたちと一緒に将棋を楽しめますように」

そんな思いを込めて制作したのがいつつの布製将棋盤(布盤)です

可愛い布製将棋盤(布盤)を通じて将棋を子どもたちやママたちにとってもっと身近な存在に
可愛い布製将棋盤(布盤)を通じて将棋を子どもたちやママたちにとってもっと身近な存在に

将棋をしない理由に、「将棋って何だか難しそう」と答える人がたくさんいます。

しかし、将棋は本来、駒の動かし方と基本的なルールさえ知っていれば幼い子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、世代を超えて誰でも指せるくらいに親しみやすいボードゲームなのです。

思うに、将棋が難しいと誤解される理由の一つとして、将棋盤をはじめとした将棋道具の渋いビジュアルが挙げらるような気がします。

職人さんが素材からこだわって、一つ一つ丁寧な手作業で仕上げる将棋盤や将棋駒といった将棋の道具は、大人の目から見るととても素敵なのですが、その一方で、余分な飾りが一切ない洗練された佇まいは、小さな子どもたちや、小さなお子さんを持つママの目から見ると、確かに敷居の高いものに映ってしまうのかもしれません。

そこでいつつでは、将棋盤をはじめとした将棋道具に、優しさと温かみのある可愛らしいデザインを取り入れることで、子どもやママたちに、将棋をより身近に感じてもらえることを目指しました。

「くちなし」の柄について



いつつの布製将棋盤(布盤)はクチナシをモチーフにしています。白い花が清々しい、とても可愛いですよね。

実は、この「クチナシ」が将棋ととても縁のある植物だということを皆さんご存知でしょうか?

将棋には昔から助言禁止(対局中に、対局者以外の第三者が口を出してはいけない)のルールがあります。それに由来して、実は脚付将棋盤の脚はくちなし(口無し)の実がかたどられたと言われています。

脚付将棋盤の脚はクチナシの実がかたどられています。
脚付将棋盤の脚はクチナシの実がかたどられています。

いつつでは、将棋盤をはじめとした将棋道具を通じて、子どもたちに、日本の伝統文化としての将棋にも触れてほしいという思いから、可愛いくちなしの花を布製将棋盤(布盤)のモチーフとして取り入れました。

可愛いだけじゃない。ちゃんと将棋の奥深さも表現するのがいつつの布製将棋盤(布盤)のこだわりの1つです。

販売価格 2,700円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

お客様の声